ブログ更新(被相続人が朝鮮民主主義人民共和国の国籍である場合の相続)

前々回のブログから「外国籍の人の相続」について書いていますが、各国で法律が異なるため相続の手続きも異なります。

本日のお題は「大韓民国の国籍(以下「韓国」という。)の人の相続」です。

被相続人が朝鮮民主主義人民共和国の国籍である場合の相続


参考にしていただければ幸いです。

また、簡単に相続と言っても誰に相談して良いか分からないことってありますよね。
私の周りには、相続専門の税理士・弁護士・ファイナンシャルプランナー・葬祭業・宅建士など沢山の専門家がおりますので、
スマイル相続プロジェクト にお気軽にご相談ください。

PAGE TOP